ニュース

2018年05月05日

スマイルよみうり5月号が発行されました!

スマイルよみり5月号では「おいしい野草を探してみよう!」を特集

 スマイルよみうり5月号の1面
スマイルよみうり5月号の1面

特集では川原に自生する食べられる野草、野草スイーツに挑戦など

 

新連載「四市の坂」第5回は3面

「ラントウ坂」(朝霞市)

 

あの店あの味

香香亭(和光市丸山台)

 

スマイルおすすめツアー

どこへ行くかは当日のお楽しみ♪

「母の日ミステリー」を紹介

 

 

暮らしのエスプリ

自転車保険の加入が義務化に

 

 

 

詳しくはこちら

 

 

2018年04月10日

よみたん4月号が発行されました!

1面は学校リポート「八潮市立八條小学校」

 

 

よみたん4月号の1面
よみたん4月号の1面

聞いて、考えて、発信する授業の実践!楽しいNIEの取り組みも

新聞に慣れ親しみ、活用につなぐ

八條小の「TSUNAGU(つなぐ)」取り組み

 

埼玉県教育長からのメッセージ

 

 

よみドクたん「子どもの健康」

読者からの質問コーナー「外反母趾」

 

 

ジャイアンツ アンダーアーマースポーツタオルプレゼント!

 

2018年04月05日

スマイルよみうり4月号が発行されました!

スマイルよみり4月号では「相撲」を特集

 

スマイルよみうり4月号の1面
スマイルよみうり4月号の1面

新連載「四市の坂」第4回は3面

「城山坂」(和光市)

 

あの店あの味

TRATTORIA TRINITA(新座市東北)

 

 

活写マイタウン

朝霞・志木・新座・和光の各市で見つけた季節の草花、おもしろスポットなどを写真で紹介。投稿写真大募集中!

 

暮らしのエスプリ「プロにお任せ!眉カット」

 

詳しくはこちら

 

 

2018年04月01日

楽しさ満開 志木さくらフェスタで川床やいろは丸が登場!

志木市コミュニティ協議会の志木さくらフェスタ実行委員会(清水良介実行委員長)は3月31日と4月1日、志木市中宗岡のいろは親水公園で「志木さくらフェスタ」を開催。志木市が後援、館林市・飯綱町・富士吉田市などが協力。

 

 


20180401sakurafes01

 

31日は特設ステージで、志木の音楽祭とした柳太鼓や志木中学校吹奏楽部などによる演奏、1日は館林市の八木節、大声コンテスト、ヒップホップダンスなど多彩なアトラクションが行われた。カパルやカッピーらも参加し盛り上げた。志木の物産展をはじめ富士吉田うどんのキッチンカー、館林市や飯綱町の物産店など多数の模擬店が出店。桜並木のある園内遊歩道を楽しめる人力車も出て、多くの人で賑わった=写真=。

 

31日には志木駅から親水公園までの街並みも楽しんでもらい賑わいをつくろうと、地元商店会やマルイファミリー志木と協力して初めて実施したスタンプラリーが盛況だった。市担当者によると、目標の3倍近い800人ほどが市内商店会で10か所をめぐるスタンプラリーに参加したという。

 

 

 

 

さくらフェスタの両日、昨年9月に進水式を行った和舟「いろは丸」による渡し船も運行。左岸の船着場から新河岸川を回遊して対岸へ渡るというこのいろはの渡しイベントや、初めて設置された川床(かわどこ)のコーナーも登場。川床では団子やビールを片手に咲き誇る桜と川のせせらぎを市民らは楽しんだ。

 

 

考案した愛称が選ばれ認定証を香川市長から授与された星野さん
考案した愛称が選ばれ認定証を香川市長から授与された星野さん

いろは親水公園のある右岸や中洲ゾーンなど4か所の愛称が公募され、2日に「四季の花畑ゾーン」(新河岸川右岸)などが発表された。

 

右岸の愛称を考案した星野博之さん(志木市上宗岡)は、「どんどん花を見て楽しんでいこう」と命名の思いを話していた。

 

「いろはコミュニティパーク」(同左岸)と名付けた山口美智江さん(志木市柏町)は「コミュニティーが少なくなっているのでここに集まってほしい」と喜びを見せた。※発表された愛称は以下のとおり

 

 

 

 

 

挨拶する清水実行委員長
挨拶する清水実行委員長

清水実行委員長は閉会式で、「4つのゾーンの愛称が決まり、今後活用することでより充実した広場にしたい。フェスタまで散らずに待ってくれた桜。次回開催も大いに楽しみにしてください」と挨拶した。

 

香川武文志木市長は取材に対し、「市内外からたくさんの人出もあり成功したのは、多くの団体、市民の汗の結晶によるもの。大きな市民力により、親水公園という貴重な資源を活用しながらしっかりと賑わいづくりに取り組んでいきたい」と意欲を話してくれた。

 

 

 

 

 

 

●いろは親水公園の愛称は以下のとおり
①右岸ゾーン 「四季の花畑ゾーン」考案者・星野博之さん
②中州ゾーン 「水鳥の憩いゾーン」考案者・和田克己さん
③左岸ゾーン 「桜並木ゾーン」  考案者・若松裕子さん
④左岸広場  「いろはコミュニティパーク」考案者・山口美智江さん
取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

2018年03月30日

志木市教育長に柚木氏

柚木氏
柚木氏

平成30年第1回志木市臨時議会が3月30日行われ、教育長の任命について、市介護保険条例などの一部を改正する条例、富士下橋耐震補強工事(2期)の請負契約の変更契約締結の3議案が全会一致で原案可決・同意された。

 

前任・尾崎健市教育長の急逝により昨年10月から空席だった教育長には柚木博(ゆきひろし)氏=写真=が就任する。任期は平成30年4月1日から平成31年6月30日(前任者の残任期間)。

 

柚木氏(60)は、昭和56年東京大学文学部卒業後、埼玉県庁に入庁。教育局県立学校部高校改革推進課長、教育局教育総務部長などを歴任。平成17年10月から平成20年4月まで志木市教育長だったので、10年ぶりに再登板だ。

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

2018年03月16日

志木市議会議長に河野氏

kounogicyok平成30年第1回志木市議会定例会が3月16日閉会し、請願を除くすべての議案が原案可決・同意された。
また、新議長に河野芳徳市議(無所属・会派しきの会)=写真=、副議長に吉川善郎市議(公明党、61歳)が選任された。

任期は2年。

 

河野議長は志木市幸町在住、39歳。平成20年4月に市議に初当選し、現在3期目。文教都市常任委員会委員長、市議会議長、総務厚生常任委員会委員長を歴任。議長には平成26年3月~平成28年4月まで就任しているので、今回2回目となる。

 

河野議長は取材に対し、「志木の未来への道標を示すのは我々の重要な責務。市民に信頼される議会であるために、議員一人ひとりが身を律し、より一層の創意工夫と努力を積み重ね、二元代表制の一翼として、執行機関との真摯な議論により、諸課題の解決に向け活発な議会活動を展開しいきたい」と意欲を見せていた。

 

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

2018年03月13日

よみたん3月号が発行されました!

1面は学校リポート「新座市立東北小学校」

 

 

よみたん3月号の1面
よみたん3月号の1面

読売新聞本紙「ひろば」へ投稿多数

「新聞を楽しもう」と吉山支局長が出前授業

伝える力を磨く特色ある取り組み

 

よみたん読者からの「育児に関する質問」について

アドバイス!

 

よみドクたん「めまい」

読者からの質問コーナー「顎関節症」

 

 

東京ドーム巨人戦ご招待券をプレゼント!

 

2018年03月05日

スマイルよみうり3月号が発行されました!

スマイルよみり3月号では「古地図散歩 志木編」を特集

 

スマイルよみうり3月号の1面
スマイルよみうり3月号の1面

新連載「四市の坂」第3回は3面

「中野坂」(新座市)

 

あの店あの味

パティスリーくるみ(和光市本町)

 

地域のスマイル

十文字学園女子大学による地域連携⑪(最終回)

沖縄の幼稚園・小学校でボランティア

エメラルドグリーンの海とハイビスカスが美しい伊江島で!

 

暮らしのエスプリ「農家の庭先販売」

 

詳しくはこちら

 

 

2018年02月13日

よみたん2月号が発行されました!

1面はよみたん最新防災特集「イツモ防災」

 

 

よみたん2月号の1面
よみたん2月号の1面

東日本大震災からまもなく7年

イツモ防災とは?

さいたま減災プロジェクトとは?

 

読売のよみどころ企画23

「英語の勉強にも役立つ読売新聞」

 

よみドクたん「肺炎」

季節の保健コーナー「花粉症」

 

 

「プロ野球選手名鑑」をプレゼント!

 

2018年02月06日

スマイルよみうり2月号が発行されました!

スマイルよみり2月号では「からだメンテナンス」を特集

 

スマイルよみうり2月号の1面
スマイルよみうり2月号の1面

新連載「四市の坂」第2回は3面

「振り袖坂」(志木市)

 

あの店あの味

KONDO COFFEE STAND(新座市野火止)

 

地域のスマイル

十文字学園女子大学による地域連携⑩

新座市栄四丁目餅つき大会に参加 お餅つきにも挑戦!

 

 

暮らしのエスプリ「キャンドル」

 

詳しくはこちら