ニュース

2019年03月12日

よみたん3月号が発行されました!

1面は 文化財を探してみよう!

 

彩南よみたん3月号の1面
彩南よみたん3月号の1面

 

登録有形文化財ってなに?

 

●永瀬孝男家住宅(川口市本町)

永瀬家住宅にある旧発電所の写真提供/たくあん氏

●旧富岡家住宅(和光市下新倉)

 

●和井田家住宅(八潮市八條)

 

 

 

よみドクたん「糖尿病と脂質異常、高血圧」、

読者からの質問コーナー「反応性低血糖症」

 

よみたん読者プレゼントは東京ドーム巨人戦ご招待

 

読売新聞オンライン誕生記念 大感謝キャンペーン(5/20まで)

 

2019年03月05日

スマイルよみうり3月号が発行されました!

スマイルよみり3月号では「季節の変わり目 からだリセット」を特集

スマイルよみうり3月号の1面
スマイルよみうり3月号の1面

 

ハーブや薬膳で生き生きと

ハーブエステ専門店「サロン・ド・フルール」(朝霞市西原)

体感音響セラピー「クリの木ハウス」(朝霞市根岸台)

 

秘伝スープでキレイに!

餅豚のスペアリブ薬膳蒸しスープ(朝霞市西原の媽媽より)

レシピを掲載

 

ミネラル豊富なバスボム作り

キャンドルスタジオ「LIA」(新座市東北)

連載「四市の坂」は今号は特別編で

「悲劇の傑僧・覚王院義観」(朝霞市で150年忌)

 

あの店あの味

「麵酒房 龍安」(朝霞市東弁財)

 

男をアゲる講座④「ピアノレッスン入門」

 

読売新聞オンラインがスタート!

 

詳しくはこちら

 

 

 

2019年03月03日

志木市で桃とパルプとあかり展 NHKも取材! 

取材を受ける高山さん(左)と奈良オーナー(3月3日、ギャラリースペースMで)
取材を受ける高山さん(左)と奈良オーナー(3月3日、ギャラリースペースMで)

桃の節句の今日(3月3日)、志木市本町のギャラリースペースMで「桃とパルプとあかり展」が行われ、色彩豊かなつるし飾りとパルプ造形作家の高山しげこさんの“あかり”作品が展示された。

 

高山しげこさんは、千葉市出身で、文化服装学院ディスプレーデザイン科卒業。 大川修作氏に師事。 2001年よりパルプの表現を主とした、あかり作家として活動中だ。2013年に他界した大川師匠の意匠を受け継ぎ漉工房の代表を務めている。

 

同ギャラリーの奈良富子オーナーと大川氏は、十年来の友人でかつて同様の展示をしていた縁があり実現。この日、高山さんの工房なども取材するというNHKさいたま放送局のカメラも来て、来場者が多数いた。

0303akari2 0303akari3埼玉県で唯一、このあかり作品の技法を持つという高山さんは、「針葉樹のバックにある月が、その後どのように上がっていくか、鑑賞者それぞれがストーリーを想像してほしい。風景も人それぞれの心に残っている場所と重なるようです」と説明してくれた。

 

あかりに描く月や猫は紙を切り張りするのではなく、型を作ってパルプを原料から叩いて漉いて、一点一点道具から制作し、乾かしては糊付けして乾燥の繰り返しという。星空や流れ星が裏面に描かれている作品もあった。心癒やされるやさしいあかり作品で、帰宅した家族や、例えば待ち合わせ場所で、人々の心を和ませるだろう。
●開催中〜3月5日(火)AM11:00〜PM6:00、最終日はPM5:00まで
ギャラリースペースM(埼玉県志木市本町1-2-2 エスポワール マーサ志木1F)
TEL&FAX 048-474-8486
高山さんの「漉工房」 http://e.umu.cc/sukikoubou/infomation/topics/topics.cgi
取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

2019年02月13日

よみたん2月号が発行されました!

1面は 新座市立西掘小学校をリポート!

 

彩南よみたんの1面
よみたんの1面

鉄腕アトムでおなじみの手塚プロが出前授業

 

●手塚治虫先生が伝えたかったこと

 

 

●アニメーションの作り方 4コマ漫画指導も!

 

さいたま支局だより 第3回 福元竜哉支局長

 

よみドクたん「介護サービス」、季節の保健コーナー「花粉症」

 

読者の声は羅針盤

 

よみたん読者プレゼントはスマホ充電対応ダイナマモライト

 

※第2火曜日が新聞休刊日のため2/13(水)発行となります

2019年02月05日

スマイルよみうり2月号が発行されました!

スマイルよみり2月号では「日本酒を楽しむ」を特集

スマイルよみうり2月号の1面
スマイルよみうり2月号の1面

 

後藤酒店(志木市幸町)

蔵元との直取引にこだわり正規の定価で提供

 

純米酒専門店 まきしま酒店(和光市中央)

純米酒の試飲と量り売りでお気に入りを発見

 

吉田酒店(新座市野火止)

新座市の深井戸水とJAあさか野管内の米を使用

 

日本酒バル まいかけ(朝霞市仲町)

日本酒は50種以上 料理のペアリングが楽しめる大人のバル

連載「四市の坂」第14回は3面

「城の坂」(志木市)

 

あの店あの味

「フレンチ フルール」(朝霞市本町)

 

男をアゲる講座③「護身合気道」

 

読売新聞オンラインが2月1日スタート!

 

詳しくはこちら

 

 

 

2019年01月31日

巨大カパルのトリックアートお披露目 ― 志木市 ―

志木市観光協会では、ゆるキャラ©グランプリ2018でグランプリを受賞したカパル(志木市文化スポーツ振興公社のキャラクター)のトリックアートを志木駅東口ペデストリアンデッキ床面に制作。そのお披露目式が1月30日、同地で開かれた。

制作者の傍嶋氏とカパル
制作者の傍嶋氏とカパル

 

「巨大カパルのトリックアート」は、志木市の魅力を全国に拡散してもらおうと新河岸川に浮かぶ和舟や桜、田子山富士などの志木市の見どころを背景に描いて、SNSで発信を促進。大きさは約3.7メートル四方の作品で、制作したアーティスト・傍嶋賢氏は取材に対し、「川の水がこの街を発展させた。新河岸川、柳瀬川、伝説がある志木市のカッパ、田子山富士を実際に見た。カパルという地域に愛されているキャラクターを描けることが出来きとてもうれしい」と喜んでいた。

この日、制作を主催した市観光協会の星野博之氏は、「ペデストリアンデッキを活用した志木市の賑わいづくりに向け、第一弾はカパルを描いたチョークアート、第2弾は昨年10月にアートを公募し、多くの人が参加した。その中で厳正に審査してカパルのトリックアートが誕生した」とあいさつした。トリックアートは今年7月まで見ることができる。

 

香川市長は、「このペデストリアンデッキをひとつキャンバスとみたて、アートによる賑わいづくり第3弾も行い盛り上げたい」と意気込みを見せていた。カパルの特別住民票も1月30日より3月31日まで1万枚が発行される。ハッシュタグ「♯志木ってどこ」を付けてトリックアートをSNSで投稿した画面を志木市民会館やふれあいプラザ(マルイ8階)などの公共施設で提示したり、マルイファミリー志木など市内11か所で、それぞれ買い物をしたりすると特別住民票をもらえる仕組みもつくった。

 

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

 

2019年01月08日

よみたん1月号が発行されました!

1面は 戸田市立戸田第二小学校をリポート!

 

よみたん1月号の1面
よみたん1月号の1面

 

未来を捉えて3つの資質・能力を育む

 

小学校で何が変わるの?

2020年度から小学校で完全実施される新学習指導要領

 

実社会とのつながる学び

PBLの取り組み

 

21世紀型スキル育成プログラム

産・学・官・民が連携し質の高い豊かなICT環境を

 

よみドクたん「子どもの貧血」

季節の保健コーナー「インフルエンザ」について

 

みんなのVOICE

 

読売新聞オンライン 2月スタート! 購読料+0円の新デジタルサービスを紹介

2019年01月03日

スマイルよみうり1月号が発行されました!

スマイルよみり新年1月号では「睡眠の質アップ」を特集

スマイルよみうり1月号の1面
スマイルよみうり1月号の1面

 

寝具や香り工夫

「ふとんの河口」(朝霞市本町)

 

足裏もんで不眠解消

「足楽堂」(和光市本町)

 

アロマリラックスヨガ

ヨガインストラクター・AYAKOさん

 

連載「四市の坂」第13回は3面

「柊坂」(朝霞市)

 

あの店あの味

「ホルモンまるかつ」(朝霞市東弁財)

 

読売新聞オンラインが2月1日スタート!

 

詳しくはこちら

 

※1月17日(木)12:00~13:00、志木駅東口2階デッキにグランプリを獲得したカパルをはじめ

ご当地キャラ、計5体が集合!

 

 

2019年01月01日

謹賀新年!平成31年の年が明けた

 護摩焚きをする金剛住職(宝幢寺で1日午前0時30分頃)

護摩焚きをする金剛住職(宝幢寺で1日午前0時30分頃)

 

志木市柏町1丁目の宝幢寺(金剛光裕住職)では1日、市民による除夜の鐘が響きわたるなか、平成最後の年となる31年の新年を迎えた。文殊堂では12月31日午後11時頃から金剛住職が前行に入り、恒例の護摩焚きが行われた。「幸せな年に」「穏やかな一年に」などと新年の願いの書かれた護摩木という木片を金剛住職が焚いていた。

 

護摩焚きの祈祷を終えた金剛住職は取材に対し、「志木では昨年、カパルが優勝したので、日本や地域が明るい年になってほしい」と話していた。

 

参拝者で賑わう田子山富士塚と敷島神社
参拝者で賑わう田子山富士塚と敷島神社
ポニーで参拝
ポニーで参拝

 

志木市本町2丁目の敷島神社では、田子山富士塚を背に上町囃子連がお囃子を奏で、300メートルほどの参拝の長い列ができた。上宗岡からだんご(3歳)とマシュマロ(8歳)と呼ばれるポニーに乗って参拝する人もいて、賑わいを見せていた。

社殿に展示されている絵馬
社殿に展示されている絵馬

 

田子山富士の右手にある神社の社殿には県立志木高等学校美術部が亥を描いた巨大絵馬が飾られた。一昨年、昨年に続き3枚目の絵馬で、社殿の周りをぐるりと十二支の絵馬が展示されるのを目指しているという。
この日、午前1時の気温は2度だったが、風がなく穏やかだった。夜空を見上げると雲はほとんどなく、南南西に輝くオリオン座が微笑んでいるようだ。今年も地域に笑顔があふれることを願ってやまない。

 

 

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

2018年12月11日

よみたん12月号が発行されました!

1面は 初詣特集

 

よみたん12月号の1面
よみたん12月号の1面

 

初詣、七福神めぐりとは?

 

草加宿七福神めぐり

2019年1月3日(木)は729杯の甘酒を振舞う

 

和樂備神社(わらびじんじゃ) 

東宮侍講文学博士・本居豊穎(もとおりとよかい)先生が命名

 

新倉氷川八幡神社

2019年元旦の午前0時~3時、7時~午後1時のだるま市は賑やか

 

さいたま支局だより 第2回 奈良橋大輔記者

 

よみドクたん「ワクチン接種」、読者からの質問コーナー「ばち指」「腱鞘炎」について

 

川口のYCが車いすステーションに!

 

よみたん読者プレゼントはジャイアンツブルゾン!