ニュース

2016年08月06日

スマイルよみうり8月号が発行されました!

スマイルよみり8月号では「夏こそ朝活!」を特集!

8月号の1面
8月号の1面


四市の伝説は3面

「渡来人の里」(和光市の新倉・白子)

 

あの店

朝霞市栄町の【おそば田なか】

 

スマイルスポット

【新座市立歴史民俗資料館】

 

 

詳しくはこちら

2016年08月02日

富士見市長選 星野氏が初当選!

任期満了に伴う富士見市長選挙が7月31日投開票され、無所属新人で前県議の星野光弘氏(59)=自民推薦=が、2万3千票余りを獲得し、無所属新人で元市議の瀬戸口幸子氏=共産推薦=を破り初当選を果たした。当日の有権者数は89,898人(男44,490人、女45,408人)で投票率は36.08%。

 

選挙事務所で当選の喜びをみせる星野光弘氏(右から2番目)=7月31日22時34分
選挙事務所で当選の喜びをみせる星野光弘氏(右から2番目)=7月31日22時34分

星野氏は集まった支援者約300人を前に、「多くの皆さんにご支援をいただき勝利をいただきました。11万市民の先頭に立ってしっかりとまちづくりをすることを再度誓う。喜びいっぱいだ。賑わいと活気で魅力ある富士見市をつくること、子どもとその父母が住んで良かったと思う子育てと教育、富士見市で自宅で暮らしていける安心した老後、介護、保健医療の政策に力を入れる」と抱負を述べた。

 

2期8年間で公約をまっとうしたと勇退を表明した現職の星野信吾市長も駆けつけ、「星野、星野と続くことでご批判を受けるのではないかと思われたが、多くの皆さんの支援によってすばらしい結果を得た。皆さんと築き上げてきた富士見市。さらにその上に星野新市長がもっていっていただけると思う」と挨拶した。

万歳の動画は→こちら

●開票結果 (敬称略)
当 星野 光弘(59) 23,902  無新①
瀬戸口幸子(64)  7,960  無新

※31日選管確定、無効573、持ち帰り0

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

 

2016年07月13日

よみたん7月号が発行されました!

1面はよみ学たん21「埼玉県県民の森」特集

よみたん7月号の1面
よみたん7月号の1面

 

清々しい森林浴で癒やされる!

親子で夏休みの自然観察に

 

幼保小中を一貫した草加市の先進的な取り組み

 

 

よみドクたん「骨粗鬆症」

 

よみたんまんが「はりきり!?よみたん」

 

隣り合う県庁所在地、日本で一番近いところは?

 

 

2016年07月11日

新座市長選 並木氏が初当選!

任期満了に伴う新座市長選挙が10日投開票され、元市議で幼稚園長の並木傑氏(57)=無所属、自民推薦=が4万7千票余りを獲得し、初当選を果たした。当日の有権者数は133,658人(男66,811人、女66,847人)で投票率は52.33%。

 

並木氏は集まった支援者約150人を前に、後援会や支援した代議士・県議へお礼を述べた上で、「須田健治新座市長が6期24年で新座発展の礎を築いていただいた。その継承者として諸施策を着実に進めていくことを問う選挙だったと思う。多くの信託を受けたので自信を持って突き進んでいきたい。市議会議員の会派・政和会の9人のメンバーと7人の公明党市議団からも厚い応援をいただいた。これからは市長・執行部・議会と三者一体となって進んでいくわけで、一生懸命頑張る」と挨拶した。

選挙事務所で当選の喜びをみせる並木氏(中央)=7月10日22時48分
選挙事務所で当選の喜びをみせる並木氏(中央)=7月10日22時48分

並木氏は取材に対し、「新座駅南口の第1期・2期土地区画整理事業が既に完成し、これから北口の土地区画を着実に進めていく。同時に南口の横にある大和田2・3丁目の商業工業系区画整理も議会で特別会計を認められたので、9月からスタートする。防災拠点である新座市庁舎の建て替えも進んでおり、1期工事が平成30年に完成予定。2期工事は今の庁舎を壊して駐車場をつくる事業も任期中に行われるのでしっかりと立ち上げていきたい。志木駅南口の地下駐輪場(1,500台)についても事業認可が下りて予算もつき、大屋根化や無電柱化もあり着実に進めていきたい。待機児童対策については、保育園の新設と小規模保育施設の充実を掲げる。新座市のトップとして、未解決の問題、進行中の問題も市民の皆さまと相談しながら、着実に進めていきたい」とコメントした。

 

大型開発中心の市政継続に待ったを訴えた朝賀英義氏(66)=共産=は、2万票余りを獲得したが及ばなかった。

●開票結果 (敬称略)
並木 傑(62)  47,157  無新①
朝賀英義(66)  20,849  共新

※10日選管確定、無効1,921、持ち帰り13

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

 

2016年07月05日

スマイルよみうり7月号が発行されました!

スマイルよみり7月号では「好きなことに取り組む女性を訪問」を特集!

スマイル7月1面サイト用

四市の伝説は3面

「引導地蔵」(新座市)

 

あの店

志木市幸町の【HOKEY POKEY】(ホーキーポーキー)

 

スマイルスポット

【ハセベ米穀】(新座市大和田)

 

 

詳しくはこちら

2016年06月27日

「なかま」に感謝!オール志木ウインド25周年

志木市吹奏楽団オール志木ウインド(野口敏明代表)の創立25周年記念の定期演奏会が6月26日、志木市民会館パルシティ大ホールで開催された。

挨拶する野口代表(市民会館大ホールで)
挨拶する野口代表(市民会館大ホールで)

野口代表はステージで、配布された記念のクリアファイルとプログラムに記された平成3年(1991)創立の同楽団25年の歩みを紹介し「市制功労表彰式など市の行事で演奏協力してきたので、特別に志木市吹奏楽団と名乗ることができた。志木市とつくのは近隣でも珍しい。(今回の)テーマは『なかま』で25年間ずっと同じメンバーではなく、変わっていくメンバーにバトンをつなげてきたが、応援してくれる皆さんは不動で、また増えている」と感謝の言葉を述べた=写真=。

 

香川武文志木市長は、「吹奏楽を通じ本市の文化向上に貢献されている。今後も市民が音楽にふれ

る機会を増やしてほしい」とメッセージを寄せた。

玉山氏(中央)と志木市吹奏楽団オール志木ウインドの皆さん
玉山氏(中央)と志木市吹奏楽団オール志木ウインドの皆さん

この日満席となった大ホールで、武蔵野音大卒・南ミシシッピー大学院卒で全日本吹奏楽コンクー

ル審査員、弘前市吹奏楽団音楽監督などを歴任している玉山絢一朗(たまやまけんいちろう)氏の

指揮により、『ゆかいな仲間の行進曲』をはじめクラッシックステージ(第1部)と、『スター・

ウォーズ行進曲』などポピュラーステージ(第2部)の構成で10曲ほどが披露された。

 

ポピュラーステージの『愛燦燦(あいさんさん)』では、志木市在住で創作舞踊「華扇流・夢扇会

」の会主・華扇藤若(はなおうぎふじわか)さんが特別出演。舞踊と吹奏楽のコラボレーションが

発表された。

 

同楽団を初めて鑑賞したヤセ騎士(ないと)さんは、「アマチュアの素人感がまるでなく、レベル

が高い。すばらしい!」と感動をあらわにしていた。25年間におよぶ時に厳しいレッスンの積み

重ねの成果を会場で感じていたようだ。

 

取材/ニュータイムス“ジモアイ”隆

2016年06月12日

「一日一日を大切に生きる」 志木市の薬物乱用防止公演会

薬物乱用防止講演会『今日一日を生きる』LIVEプロジェクトが6月11日、市民会館パルシティで開催され、志木市在住の俳優・内谷正文氏らが熱演を見せた(主催は志木市、志木市教育委員会)。
これは、内谷さんの一人芝居やトークセッションなど通じて、薬物依存症の恐ろしさや今日一日を一所懸命生きることの大切さについて考える無料の講演会だ。内谷氏が愛すべき志木市のために何かできないか、と市に対して訴え、約1年がかりで実現した。

挨拶する尾崎教育長
挨拶する尾崎教育長

 

尾崎健市教育長は、「プロ野球で鍛えられた選手でも薬物に走ってしまうのは残念だ。スマホやパソコンで簡単に薬物の情報が得られ、地域・家庭で青少年を見守る環境が変わってしまった。薬物乱用の怖さを知り、(依存)を乗り越えるためには人のつながりが大切」と述べた。

 

 

 

 

内谷さんの一人芝居
内谷さんの一人芝居

「ADDICTION 今日一日を生きる君」の一人芝居で「白い悪魔に負けるな!」と熱演した内谷さんは、「9月にはニューヨークで日本人会へ向け公演する。今後、薬物乱用防止についての映画化も計画しているので支援をお願いしたい」と力を込めた。

 

劇団キャラメルボックスの俳優・三浦剛氏、三浦氏の妻で日本最初のろう主演女優・忍足亜希子氏がゲスト参加。手話パフォーマンスが披露された。「マイナスをプラスに!」と題する内谷氏とゲストによるトークセッションでは、満席の会場へ向け手話のレクチャーも行われた。

 

感想を述べる志木高生
感想を述べる志木高生

内谷氏が以前公演した県立志木高等学校の生徒会役員が手伝いに駆けつけ、「改めて一日一日を大切に生きることが大事と感じた」と舞台で感想を述べた。

 

 

 

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆

2016年06月08日

志木市商工会チャリティゴルフ大会

第26回志木市商工会チャリティーゴルフ大会が6月16日、ノーザンカントリークラブ錦ヶ原ゴルフ場で開催された。

この日集まった商工会員議など120人の中から、優勝を果たしたのは中森栄子さん(志木市幸町で、グロス79、

ハンディキャップ8.4、ネット69.6という優秀な成績(新ぺリア)。

中森さんは、「細谷時宝さんの紹介で初参加させていただいた。今日は天気とメンバーに恵まれ、良いスコアが

出ました」と優勝の喜びを見せていた。

優勝した中森さん(左)と清水商工会長
優勝した中森さん(左)と清水商工会長

 

【結 果】
優 勝 中森栄子  ネット69.6
準優勝 一場政幸  ネット71.0
3 位 阿部袈裟信 ネット71.2
4 位 菊池健一郎 ネット71.2
5 位 飯田 稔     ネット71.4

 

ニュータイムスの岩下隆社主も参加したが、ネット75.4で52位とふるわなかった。

2016年06月05日

スマイルよみうり6月号が発行されました!

スマイルよみり6月号では「梅雨を楽しもう」を特集!

smile6gatsu1men

四市の伝説は3面

「窮民を救済したお大尽」(朝霞市)

金子彦兵衛

 

スマイルスポット

水中トレーニングを導入してリニューアルした

エヴァ(朝霞市根岸台)

 

 

 

詳しくはこちら

2016年05月28日

志木にビアガーデンがオープン! -マルイ屋上-

志木市内初のジンギスカンビアガーデンが、マルイファミリー志木(津田純子店長)屋上にこのほどオープン。2011年の東日本大震災後、屋上は利用されていなかったが、オープンのレセプションが5月26日開催され、賑わいを見せた。

 

この日、香川武文志木市長、豊田真由子衆議院議員、清水良介志木市商工会長など地元関係者が300人近く参加。

5月26日のレセプションでの乾杯
5月26日のレセプションでの乾杯

フォーシーズンズ消費者組合の宮原克平理事長が、「3日前の天気予報では雨だったが、ビアガーデン日和となった。高い所(屋上)にあるビアガーデンは、池袋と川越の間でここしかない。皆さんのお知り合いの方がご来店いただくようお願いしたい」と乾杯の挨拶を述べた。

 

櫻井正彦副市長らと駆けつけた香川市長は取材に対し、「市民の皆さまからマルイ屋上を開放してほしいという声が多くあった中で、志木市の賑わいにつながるビアガーデンが出来たのは嬉しく思う。今後のまちづくりの中で、志木駅の乗降客数を5カ年で42,000人から43,000人に増やしていく計画。志木市や商工会などとタイアップし、官民一体となってビアガーデンを応援していきたい」とコメント。

津田店長
津田店長

津田店長は、「マルイファイミリー志木はオープンして16年が経過。活性化させて地域の皆さまも使えるようにして欲しいと志木市からも提案があり、屋上活用が実現するに至った。皆さまのお役に立てる店づくりをしたい」と意欲的だ。

 

このビアガーデンは、平日17時~22時(ラストオーダー21時30分)、土日祝は16時~22時(同)に営業され、料金は120分飲み・食べ放題で、大人3,900円・中高生2,000円・小学生1,500円・未就学児500円(延長料金30分500円)、エポスカード提示で30分延長無料。毎週月曜日は「レディースデー」で、女性同士に限り500円割引だ。運営は、日本初のビアガーデンを昭和28年に大阪で開設したという㈱ニユートーキヨー。予約や悪天候時の営業問い合わせは、☎048-471-6205(14時~営業時間内)。

ジンギスカンなどに舌鼓を打つ参加者
ジンギスカンなどに舌鼓を打つ参加者
各テーブルにコンロが設置されていた
各テーブルにコンロが設置されていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材/ニュータイムス岩下“ジモアイ”隆